MENU

メーカーオプションとディーラーオプションの違いについて

新車で車を購入する際は単に車だけを買うのではなく、様々なオプションをつける事ができます。
車によっては特別仕様でナビやフロアマット等これが付属されていたらとりあえず他につけなくても問題なく公道を走行できる状態で売られている車もありますが、ほとんどはナビもフロアマットも何もオプションがついていない状態でそこから自分の使用パターンや好みに合った付属品を付属していきます。
つまり車購入の際に付属するオプションとは最初から標準装備されている物以外に選ぶ物です。
そしてオプションにはメーカーオプションとディーラーオプションという2つの種類のオプションがあります。

 

メーカーオプションとは?

注文した車を工場で作る時に一緒に組み付けたり加工したりするオプションです。例えばサンルーフや本革シート、メーカーオプションカラー、セーフティ系等があります。

 

ディーラーオプションとは?

買ったお店で取り付けるオプションです。例えばフロアマット、エアロ、サイドバイザー、シートカバー等があります。

 

メリット、デメリット

メーカーオプションのメリットは、車の機能性や質を上げる事ができたり車を売る時の査定額があがる事があります。デメリットは車を作る工場でしかできないので後々やっぱりこのメーカーオプションをつけたいと思っても後付けする事ができません。逆に一度つけたら原則外す事はできません。その為、購入検討時にどんなメーカーオプションがあるのか、気になったオプションは必ずディーラーの営業マンに確認するようにしましょう。
ディーラーオプションのメリットは納車後につけたい、もしくは外したいと思ったら気軽につけ外しが可能な事です。デメリットは汎用品と比べると商品代が高いです。

 

オプション選びの際に気をつけておきたい事

メリットデメリットでさらっと記載致しましたが、メーカーオプションとディーラーオプションでは注文できるタイミングが違います。ディーラーオプションは簡単に言うといつでも注文できます。極端に言うとその車を保有していなくても買う事も可能です。
対してメーカーオプションは基本的に車体を加工したり組み立て時に標準とは違う物で組み立てをする為、車両注文時に一緒に注文しないといけません。
注文後にディーラーに車が来る前までに再度注文する事は可能ですが、違う車体を一から作り直す事になるのでもちろん納車予定日も遅れますし一台車が余る事になりディーラー側が余剰在庫を抱えることになるのでできるだけやめましょう。
車をまだ作り始める前であればギリギリ大丈夫といった事もあるのでどうしてもメーカーオプションの変更をしたい場合は一度担当の営業マンにすぐに確認しましょう。

 

オプション豆知識

2人の人が車を購入した時に同じ車を買ったのに値引き額が違うといった話を耳にした事がありませんか?車を購入する時期等様々な条件の違いで発生する差額ですが、オプションも関係しています。
例えば車両価格100万円の車をAさんとBさんが購入するとします。Aさんは車両のみ、Bさんは車両にオプションを100万円分つけて購入しました。
Aさんは車両のみの購入の為に値引きが車両価格からしかできないので値引き額は10万円でした。Bさんは車両価格とオプションの両方から10万円ずつ値引きがあり値引き額は20万円でした。
上記の様にオプションをつけると値引きできる対象の物が増えるので営業マンも値引きしやすくなります。
その為あれもこれもつけると価格が高くなるからいらないではなく、まずはつけたいオプションを一通りつけてから商談を始めていくと結果としていくつかのオプションはタダ同然でつける事もできるので欲しい物を全てつけた状態から始めていく事をオススメします。

 

以上、オプションについて説明しましたが、後々後悔のないオプション選びをし楽しいカーライフをお過ごしください。

このページの先頭へ