MENU

ディーラーで新購入する際の下取り車の手続き

自動車を購入する際には、下取り車がない場合とある場合と大きく手続き方法が異なります。
特に、始めて車を購入する際には不安に感じたりすることも多いはず。
そんな方向けに、ディーラーで車を購入した際の手続き方法をご紹介していきます。

 

まずカタログを渡されたり、試乗をしたり見積もりを出したり、そこまでは下取り車がない場合の手続き方法と同じです。
違うのであれば査定があり、その査定金額が見積書に含まれることでしょう。
どのディーラーでも、見積書の上部にある車両代金の下の部分に記載されていることが多いですね。
そこで大きく金額が変動するので、できるだけ高く査定してほしいところです。
書面上の手続きもとてもシンプルで、購入した車の登録書類と一緒に下取り車にかけられている所有権を解除する書類を作成するだけです。

 

「所有者って何?」とお思いの方も多いでしょう。
車検証をチェックしてみると、軽自動車・普通車関係なく所有者と使用者の名前が書いてあります。
使用者は自分や家族になっているのがほとんどで、所有者は同じく自分か家族、それか購入したディーラーの会社名になっている場合が多いですね。
ディーラーが所有者となっている場合は、ローンで購入した可能性も高いので残債がないかチェックして、残債があれば全て返済しておきましょう。
そうしないと所有権を解除することができず、いくら高値の査定がついたとしても下取り車として手続きをすることはできませんので注意が必要です。

 

もし残債がなく、所有者がディーラーだった場合には車を購入するディーラーで所有権解除依頼の書類を作成します。
基本的に、使用者の氏名と住所と認め印での捺印があれば問題はありません。記入方法については担当営業が案内しますので安心してくださいね。
その書類を元に所有権を持っているディーラーに所有権解除を依頼してくれるので、自分で出向いたりと手間がかかることはありません。自分が所有者だった場合にも、所有権を解除する書類を作成する必要があります。
その書類の作成が終わったら、納車までは特に何かをする必要はありません。
納車の日が来たら、その車の点検手帳や自動車税の納付書だけを車に乗せてすぐに渡せる状態にして納車に向かいましょう。
そしてそこで下取り車を渡して手続きは終了です。思ったよりも簡単で驚いてしまいますよね。
その後には、最後の手続きとして所有権解除の手続き完了後にその年に支払った下取り車の自動車税の還元があります。郵送で書類が送られてきますので、その書類を持って指定の金融機関で手続きをすれば差額が返金されてきます。
基本的には車を購入したディーラーの営業が全ての手続きをしてくれるので安心しておいて良いでしょう。

このページの先頭へ